スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

赤城山(あかぎさん)登山:百名山

f0065941_13411892.jpg

○さんの「大変だ!寝過ごした!」の声で飛び起きると4時50分
2時起床予定にきめて、○さん20時過ぎ、私は21時前に寝たのにねぇ・・・。またしてもやっちゃった。前日のビール3杯が敗因か?(敗因デス)

とりあえず、予定にしていた武尊山(ほたかやま)or四阿山(あずまやさん)は時間(アクセスやコースタイム)がかかるので却下。

関東近辺でこれから百名山を探していると「赤城山」とあるではないか!!
近いしピークまでも短いし、いいじゃないの?(トレーニングのはずですが?)
5時20分出発!

ところで知ってましたか?赤城山という山がないことを。
連峰一体を赤城山といいます。八ヶ岳や那須岳と一緒ですね。
私は知りませんでした・・・エヘヘ。








☆ 山行記録 ☆
-------------------------------------------------------

■赤城山(黒檜山:くろびやま)1828m/群馬県
2006年7月30日(日) 晴れ後くもり


行動時間:約3時間(休憩時間含む)
大沼駐車場(8:51)→黒檜山登山口(9:06)→黒檜山山頂(10:11 10:51)→大タルミ→駒ケ岳山頂(11:24 11:28)→駒ケ岳登山口(11:50)→駐車場(不明)

--------------------------------------------------------
8:51 大沼駐車場出発
駒ケ岳経由で降りてくるので降り口のほうが近い
大沼駐車場へ停めて、黒檜山登山口まで車道をテクテク。

9:06黒檜登山口出発! しょっぱなから急登。
f0065941_13483578.jpg

出発早々、見た目がチャラいシーンズ姿の若者(男女)の大集団(30名程)に追いついた(;´Д`)ノ 道幅は狭いし、この団体さんを抜かすのは困難。ノンビリ登ろうと諦めたので、あえて自己主張もしなかったんだけれども、後ろを歩いていた子が気がついてくれて、「一般の人通りま~す」と、道を譲ってくれた。何回か譲ってもらいつつ前へ進むがいかんせん人数が多い。
ちょっと閉口してきた頃に展望が開けた!みんなも「わー」と歓声をあげる。
f0065941_1348486.jpg

先頭にたどりつくまでに15分程一緒に同行させてもらいましたが、みんな感じ良い子たちでしたヨ。

追い抜かした後、更に急登となるけれど、たまに展望が開けるし風は涼しくて心地よい。

猫岩へ到着!でも、猫岩ってドレだったかはわからなかった。
f0065941_13491537.jpg

一ふんばりすると、分岐に到着。
こっから100mの看板に俄然元気が出る。特に登り下りなく、狭いつつじ並木を通り10:11頂上へ到着!
f0065941_13495375.jpg

天気がよければ展望が良いというけれど、周りは雲だらけ。
でも、今日はあっついし、うまいよ~~プシュ!
うまいよ~パクリ!
f0065941_1350856.jpg

30分後例の学生さんたちがやってきたので慌てて片付けて退散。
学生さんたちのバテた顔。がんばれー!若者!男女ともに頂上でシューっと抑汗剤をふきかけていた(笑)

本日は駒ヶ岳経由プチ縦走。
赤城神社の鳥居を素通りし(バチあたり)整備された木の階段降りていき、
f0065941_13514544.jpg

大タルミから折り返し登っていくと、駒ケ岳に到着!11:24
f0065941_13515961.jpg

※ちなみに写りこんでいる背中が気持ちよさそうな(^^)リュックは見知らぬおじさまの。
ピークは混んでいたので、写真だけとって日陰に移る。一息ついて一気に下山開始!

木の階段と鉄の階段でよく整備された道
f0065941_1353211.jpg

階段がないところも石がきれいにつんであり歩きやすい。
一気に降りて11時50分、無事下山。

湖畔に戻るとガラガラだった駐車場は満車。湖畔に椅子を出してオニギリを食べ休憩後、温泉へGO。

カーナビを見て赤城温泉へ向かうことに。途中、ロープウェイ跡地によるとこーんな魅力的な看板ヽ(´▽`)/

f0065941_1411921.jpg
○さんに呑んでいいよっていわれたけれど、残念ながらコーラを飲んだ後で、おなかいっぱい無念の素通り。

それにしても赤城温泉に向かう林道は狭い。そのくせ交通量が多くすれ違いが大変・・・要注意道路デス!

秘境の匂いプンプンの「赤城温泉ホテル」は500円と良心的なお値段なうえ、鉄と炭酸泉でとっても良いお風呂でした。宿泊者も露天風呂は6時以降は暗くて危ないから不可だって。夜真っ暗なんでしょうねぇ。

降りていく途中にあと2つ温泉がある。なんとっそのうちの一つ「滝沢館」は秘湯を守る会!
わたしたちは「日本秘湯を守る会」の温泉を巡りもしておりまして、こっちにしておけばよかったなとちぃと公開。見た目は赤城温泉ホテルのほうが秘湯っぽいです。

あとはしたみち街道まっしぐらで帰宅しましたとさ。

P.S そうそう、赤城湖畔で「なをさん」いきつけ?のグラススキー場って赤城山だよな!と思いだし、湖畔を探しましたが見当違いだったようで・・・。
湖畔に、スキー場はあったんですけど、Tバーもあったんですけど
f0065941_1445574.jpg

営業している雰囲気は全くありませんでした。(爆)

家帰って調べたところ、湖畔じゃなくって麓でした。
でも帰り道近くを通っていたようです。残念っ。

赤城って行った事なかったんですが、なかなかいいところでした!

--------------------
追記:
7月30日現在 百名山
○さん 29座
わたし 30座GET!

うぅぅ、私は30座ゲットの記念の山でした。
残70座。まだまだ遠い道のりデス。 
[PR]
by arizou0903 | 2006-08-02 12:39 | 山登り