スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

八ヶ岳(やつがたけ)2899m:百名山(敗退)

赤岳鉱泉小屋にて
f0065941_10422870.jpg
3週連続
3週連続のお山ダヨ!
1泊2日で八ヶ岳行く予定でした
が・・・

ワタシの体調不良(寝不足だろう)とワガママで途中で断念しました
若い気分でいても体は正直。
あとは、重い荷物の歩き方がなってないんだろうなぁ。

とりあえず、記録。

(上記写真:赤岳鉱泉から左回りで行者小屋に縦走する予定デシタ)




7月19日(土)天気:晴れ時々曇
美濃戸(8:05)→北沢広場(8:50)→赤岳鉱泉小屋(9:45/10:00)→
赤岳鉱泉小屋(10:30)→行者小屋(11:05/12:50)→美濃戸(14:10)

-------------------------------------------
*ホントウの予定*
1日目:美濃戸→赤岳鉱泉→硫黄岳→横岳→赤岳山頂小屋(泊)
2日目:赤岳山頂小屋→阿弥陀岳→行者小屋→美濃戸
-------------------------------------------
美濃戸口駐車場は1日500円
その先の美濃戸駐車場は1日1000円。

美濃戸口から美濃戸まで徒歩1時間、車で10分。
美濃戸までは、狭い&ダートの悪路デス。
どちらでいくかはお好みで。

赤岳山頂小屋へ宿泊すると美濃戸にある
やまのこ村駐車場割引あります。
くわしくは→こちら

今回は赤岳山頂小屋へ泊まる予定だったので
やまのこ村駐車場へいき2日分2,000円支払う。
上で支払証明書を貰うと500円キャッシュバックされるとのこと。
キレイな水洗トイレ(駐車場利用の場合は無料)をお借りして出発!

5分程上の美濃戸山荘に登山届を出して
f0065941_10421497.jpg

赤岳鉱泉へ向かい出発(8:15)

赤岳へ行くコースはここから2手にわかれます。
南沢コースは、マップのコースタイムで3時間半。
それじゃ物足りないと(過信)
赤岳鉱泉を経由して硫黄岳・横岳と縦走して赤岳山頂小屋へ向かう6時間半コースを選択。
f0065941_1043112.jpg

 左が北沢                    右が南沢

指定車両が通れる林道を歩き始めるが・・・
斜度はキツくないのに体が重い。
なかなかペースがつかめず、苦しい。
汗だくになりながら、北沢広場へ到着(8:50)
それにしても誰にもあわない。人気の薄い道のようです。

ここからは沢沿いを進む。
f0065941_10434952.jpg

f0065941_1044178.jpg

5度程こんな橋を渡り、
f0065941_1047219.jpg

沢沿いの道を登ると
f0065941_10472818.jpg

f0065941_10474981.jpg

赤岳鉱泉に到着(9:45)
f0065941_1048150.jpg

ここで中休憩。ご褒美のゼリー登場!
冷たいうちに食べましょう。
魅力的な・・・誘惑をガマンして・・・
f0065941_10483155.jpg


硫黄岳に向けて出発(10:00)
ここから硫黄岳に向かう道が迷いやすいとのことで
○隊長に注意されながら、あっちか?こっちか?と登る。

普段は1時間程登ると体が慣れてくるのに苦しくなってくる。
で・・・わたし・・・こうみえて・・・繊細で・・・?
マクラが変わると寝れない体質。
山小屋に泊まることも、イヤになってきてしまった。

ついに、○隊長に・・・
「山小屋で寝たくない。日帰りに変更しちゃダメ?」とギブ宣言。

○隊長、※ワタシを見て「硫黄岳は止めよう!」と即決!スゴスゴ降りる。

※ワタシがバテて死にそうな顔してたとか。
 滅多にそういう顔をしないので「ギョ」っとしたらしい。

赤岳鉱泉小屋へ戻っていると・・・○隊長怪訝な顔をしながら
ちょっと待っててと別の道に向かい戻ってきた。

硫黄岳までの迷いやすい道。沢沿いにいかないことと書いてあるのに
沢沿いに出てしまっていた=
本来行くルートと違うルートだったということ(;´Д`)ノ
このまま登ってたら・・・悲しい結末が待ってましたヨ。

赤岳鉱泉小屋へ戻る(10:30)30分のロス。

とりあえず、赤岳に向う行者小屋へルート変更。
○隊長に先頭を譲り。
歩き方も大股から小股登り攻撃に変更。
ルートが短くなり、気分もラクになったのか
だいぶペースがつかめて、少しラクになった。

行者小屋へ到着(11:05)
f0065941_105119.jpg

で・・・○隊長「今日はヤメ!降りよう!」と決断。
ここに荷物をデポすれば赤岳山頂まで登れる!
調子もでてきた!と言い張る私の意見は却下、却下、却下。

調子が出てないって。いつもより全然遅いって。
標準コースタイムより早いのに・・・。

仕方なくここで、ヤケ
f0065941_1051167.jpg

お昼ご飯のラーメンを食べて
f0065941_10512884.jpg

グッスリ昼寝までしてスッキリ(笑)元気がでたのに降りることになった。
山頂見えてるんだけど・・・あと1時間半登れば山頂なのに・・・。敗北感。
f0065941_10531972.jpg

またくるぞーーー。

行者小屋出発(12時50分)
昼過ぎというのに大量の人たちとすれ違う。
(たぶん行者小屋泊の人たちでしょう)
やまのこ村に到着(14時10分)

一日分の駐車場代金を戻してもらい、
近くの温泉「もみの湯」で汗を流す。
で、小淵沢のアウトレットでヤケ買いして(笑)
水を汲んで、中央道の渋滞にハマリツツ10時前帰宅。

ヤケビール呑んで、おやすみなさい。
やっぱりお家のお布団は最高だ!!
[PR]
by arizou0903 | 2006-08-21 23:34 | 山登り