スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

山で死んではいけない

山で死んではいけない(山と溪谷社 )
f0065941_1844757.jpg

というおっかない本を○さんが買ってきた。
何度も言ってる気がしますが、私は超心配症&ネガティブ人間。

こんなの読ませたら
恐怖のあまり山にいけなくなるかもしれないのに・・・



でも、もちろん読んでみた

アルプス系の事故発生箇所・原因マップや
救助する山小屋の方々のご苦労が切々と語られている。

結局は、山の初心者が安易な装備で安易な行動をとり事故にあうことが非常に多く、慣れているからとか昔取った杵柄と過信のうえの事故の多いこと多いこと。

そして、携帯普及による安易な救助連絡。
単に足をくじいただけでヘリを呼びつけたり・・・。
(タクシー感覚)

まぁ、クチがあんぐり開いてしまうような出来事の目白押し。
山は自己責任。リスク管理もキチンとすることが大事ですよね。

で読んでいて気づいた問題がっ!

スキー保険にははいってますが
山岳保険にはいってませんヨ!!( ̄Д ̄;;

遭難した際、ヘリや捜索隊員をお願いすると
と莫大な捜索費用がかかることご存知ですか?

民間ヘリ一台チャーター:約120万円/時間
捜索隊員1名あたり:約3万円/日


その他自分が原因の事故の場合の相手への損害賠償等

半日ヘリをチャーターしただけで・・・
30人の捜索隊員をお願いしただけで・・・ガクガクブルブル

年金生活の両親に迷惑をかけるわけにいきません!
山岳保険に加入しなければと現在早急に検討中。

しっかし、どういうタイプがいいんでしょうねぇ・・・・。
この本いろんな意味で参考になりました。
[PR]
by arizou0903 | 2006-09-07 18:10 | 山登り