スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

金峰山(きんぷさん/きんぽうさん)登山:百名山 その2


中途半端でつづけてしまってすみません。
その1は⇒こちら

大日岩小屋を過ぎると
どど~ん大きい一枚岩。(左にビタビタに濡れたロープあり。下り注意)
f0065941_1330123.jpg




エイコラ登っていくと、左手にそびえる巨大岩がドド~~~ンと出現!
これが大日岩です。
f0065941_13312546.jpg

大日岩の横を登ると、
しばらくは樹林帯の稜線をダラダラ登り降り
次第に岩が増え、斜度も急になってきた。

先週の磐梯山と打って変わって本当に静かな山行。
富士見平から追い抜かした人たちは6組程度?
それもさみしいもんですね(ワガママ)

展望もなく紅葉もない長い登りでしたが、
だんだん岩が大きくなり
そろそろ展望がひらけそうな感じがしてきたら
f0065941_13325551.jpg

案の定
ボボ~ンと南アルプスと
f0065941_13331543.jpg

富士山がお出迎えやぁ~☆
f0065941_13333086.jpg

高速運転中雲が多くて、展望を諦めていたのですが
一気にボルテージアップ!

後ろを振り向くといつのまにか瑞牆山が眼下にみえますのよ。
f0065941_13334826.jpg

こんな岩岩を登ってみると
f0065941_1335417.jpg

やっと見えたよ五丈岩
f0065941_13352637.jpg

岩岩は基本危険ではありませんが、
山梨側はキッパリキレ落ちているので
天候が悪いときは注意が必要かもしれませんね。

後ろを振り向くと槍宜しく、ワイルドな岩場がカッコイイ
f0065941_13371558.jpg

あと少し!と思いきや、なかなかどうして手ごわい
ひたすら岩を登り、降り、時にはロープも使う。
f0065941_133837.jpg

さすがに疲れて何度も脚がとまってしまいます。
でも頂上は見えている!展望で疲れを癒しながら
呪文のように「ガンバレガンバレ」とブツブツ唱えていると
f0065941_13383931.jpg

10:25 山頂に到着しました☆
f0065941_13395483.jpg

f0065941_1339049.jpg

下からスッキリ快晴!とはいかないけれど
雲の上からの見える八ヶ岳・南アルプス・御岳は最高。
(注)クリックしても大きくなりません(;´Д`)ノ
f0065941_13401159.jpg

登山道はさみしかったのに、頂上は沢山のひとたちでにぎわってます。
みなさん大弛峠からいらっしゃったようです。
f0065941_1340422.jpg

前回も来た五丈岩の裏で南アルプスと富士山を眺めながら休憩☆
f0065941_1341162.jpg

1時間ほど休憩して・・・

11:20 下山開始
f0065941_13414196.jpg

行きは良い良い帰りは怖い~~♪
岩場の急な下りは苦手デス・・・が、
安定した程よい大きさ、程よい高さの岩なので降りやすく
時折ある大きな急な岩以外は思ったよりスイスイ。
f0065941_13424211.jpg

1時間で大日岩へ到着。
あれ?椅子がある・・・
実は休憩スポットだったようなのですが、
登るのに夢中で気づきませんでした。
私ってそんなに集中力あったっけ?(視野が狭いという)

横からみた大日岩はやっぱり大きい
f0065941_13431241.jpg

大日岩山荘を通過、
時には登山道をはずれて紅葉を楽しみながらテクテク下ると
f0065941_1349487.jpg

f0065941_13492366.jpg

13:10 富士見平へ到着

はて、ここで瑞牆山へ向かうべきか考える。

往復3時間・・・・
の「脚さんどう?」
脚「まだいけるヨ、でもさ降りてきたら4時ってことだよ。お風呂はいった後一人で運転して帰るんだよ。帰り渋滞するだろうし大丈夫カイ?」
(何故男口調?)

・・・やめ!
下り始めて、すぐに林道の分岐。
f0065941_13461992.jpg

そういえば、前回瑞牆山に登ったとき
林道に行くと瑞牆山の全貌がキレイに見えるスポットがあるからと
林道経由で帰ったっけ。

今回瑞牆山登らなかったけど見たいもんね。
林道経由で帰ろう!

このチョイス大正解☆
紅葉がキレイだったのです。
ウホウホです。

前編・後編で終わらせようと思ったのですが
画像容量の都合上つづく
その3は⇒こちら
[PR]
by arizou0903 | 2006-11-02 12:51 | 山登り