スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いよいよ?

スキー始動の声がボチボチ聞こえ
やっとこさ昨日スイッチオンした私。

モチベーションをあげるべく
スキー仲間のモミーに誘われて雨の中行ってきました!

ここに↓
f0065941_14271864.jpg




どこにって?
ここです。ジャーン
f0065941_1428661.jpg

クライミングジム♪

11月11日(土)雨

場所は錦糸町にあるT-WALL12時集合。

メンバーは
モミー、まーくん、Fさん、○さん、わたしの計5名
うち初体験4名(=経験者はモミーだけ)

入会手続きと誓約書にサインした後
靴とハーネスとチョークバックをレンタル。

最初に初体験4名はハーネスの着け方、
ビレイの基本動作(ロープ・器具の費用方法)を教わります。

<ハーネスとは>
クライマーがロープ(ザイル)を体に結びつけるために装着する安全ベルトの一種。墜落時のショックをやわらげたり、懸垂下降のときに安定した姿勢を保ったりするのに役立つ(大辞泉より)
<ビレイとは>
クライミングの際、クライマーを確保すること。
(ビレイ(確保)の正確の意味がよくわかりませんでした。ご指摘お願いします)

特にビレイは、クライマーの命を預るために大事なこと!
間違えたら登っているクライマーを地面まで落としてしまう可能性もあるので大変です。
慎重に身に付けるまでロープの握り方、手繰り方、器具の操作方法を教えてもらう。

さて、基本動作を教わったところで実践開始!!
実践中のまーくん、Fさんペア
下にいるまーくんがビレイヤー
登っているFさんクライマー
f0065941_14285212.jpg


11mの壁(傾斜してたり、段々になってたりいろんな壁あり)
に色分けした石がいくつもあり、
石の色によって難易度が違います(5.7~5.11b(だったかな?)数字が高くなるほど難易度があがります)
他の色の石は使ってはいけません☆

緑石を攻めているモミー
f0065941_14294491.jpg

わたしは壁の中で一番低いレベル5.7を上まで挑戦。
重い体重と無駄に力み、最後は腕はピキピキ下なんて見れないよ~。
下からモミーの指示をもらいながら何とか上に到着☆

傾斜替えて、レベルを一つあげたら
3m程のところで行き詰まり全然登れない。ふぅぅぅ。むつかしいね。
1度登っただけなのに、腕はピキピキ・・・。

次は3m程のボルタリング壁へ移動。
ロープなしで登るので、一人で気軽に登れます。
こちらも石の色によってレベルわけしてあります。

経験者のモミー先生。
長い手足に柔軟な体を使って、見事にサクサクぅ~っと登ります。
カッコエェェェ。
f0065941_14314822.jpg


気がつけば、ロープの壁も満員となり
ボルタリングも1つの壁に5~6人待ちです。

まぁ一回登ると手がフルフルですから、待つのは苦じゃありません。

とっても楽しくって気がつけばあっという間に夕方の5時でした。

ハマりそうな予感なのです☆
が・・・その前に
わたしたちがやらなくてはいけないこと
それは・・・

「ダイエット!!!」また?

ジムの中は、しなやかな筋力のスレンダーな方々が目白押し。
ジム内デブNo1、No2独占していたのは間違いない。
うぅぅぅ・・・情けない。
体を支えられない握力・腕力・背筋力も、もちろん大問題。

まーくんも
「腕力ないなぉ~、こんなんじゃ一の倉沢(谷川岳の有名な岩場)まだまだ登られへんなぁ」
って・・・そこ目指すんかいな???

モミー、連れて行ってくれてありがと☆
またよろしくネ♪

ダイエットガンバるドー!
(この言葉、一体何度口にしているのでしょうか?)
そのまえに、靴とハーネスとチョークバック購入かなぁ・・・

ボルタリング壁にて次の石はどこだ?の図
f0065941_1433289.jpg

短い足を使って登るの図
f0065941_14335887.jpg

[PR]
by arizou0903 | 2006-11-14 13:19 | 山登り