スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

恵那山(えなさん)登山:百名山

f0065941_10292487.jpg

マンニィこと台風4号が去った日曜日の夜
どこかいける山はないかと天気予報とにらめっこ。

どこも曇りの様相のなか恵那市の晴れマークを発見。
恵那山に決定しました!

HP等を見ると主なルートは4つ
1.深田久弥が登ったという「黒井沢ルート」
2.天気がよければ展望抜群、アップダウンの多い「神坂峠ルート」
3.2001年にオープン恵那山への最短新ルート「広河原ルート」
  (沢の徒渉があるため大雨等、沢の増水時は注意)
4.ウェストン公園と恵那神社前宮参拝後に歩き出す正統派ルート「前宮ルート」

今回は天気予報をみると晴れマーク、
展望がよいという神坂峠ルートをチョイスしました☆
朝3時に出発して片道350kmの日帰り登山です。←アホ



☆ 山行記録 ☆
---------------------------------------
■恵那山(えなさん)2,191m 長野県
■日 時:2007年7月16日(月)
■天 候:曇り時々小雨
■メンバー:2名

■行動時間:登り:3時間15分 下り:2時間32分
神坂峠登山口(7:40)→鳥越峠(8:12)→富士見台(10:09)→分岐点(10:30/10:40)→避難小屋(10:57/11:03)→山頂見晴らし台(11:11/11:13)→避難小屋(11:20/12:25)→(13:40/13:45)→鳥越峠(14:22)→神坂峠登山口(14:55)
合計行動時間:7時間15分(休憩含む)
-----------------------------------

交代しながら運転して中津川ICへ。
国道19号でコンビニに寄り、クネクネとした林道を登り登山口駐車場へ到着。

駐車場は少ないと書いてありましたが、
10台ぐらいは停めれそう。
4台程駐車していました。
f0065941_9551843.jpg

7時40分 予想外のガスガスの中出発
f0065941_9561810.jpg

頂上まで片道6.8km・・・・がんばろう。

登りはじめてすぐに、ササユリのお出迎え
山でユリを見るのは初めてなので感動ヽ(´▽`)/
f0065941_103544.jpg

道沿いに5~6輪咲いていました。
ササの道を進みます
f0065941_1045391.jpg

第一ピーク到着
ここから恵那山がドドーンとお出迎えくれる予定でしたが・・・ガスガス。
天気が良ければ御嶽山やアルプスの山々も見えるということで
楽しみにしていたのに・・・残念です。
トボトボ進みます。
f0065941_10262412.jpg

ここからググーっと下り(帰り、この行程をスッカリ忘れて泣くことになります)
8時12分 強清水からの道を合流する鳥越峠到着
f0065941_1054994.jpg

山頂まで3時間か・・・・
んっ???
f0065941_106616.jpg

下に小さく4だよーんの文字(笑)
確かにコースマップ上は4時間です。

その後は歩きやすい平坦な道をテクテク、歩きやすい。
○さんは1ヶ月ぶりの登山ですが
「いつもより重い荷物だけど楽勝」なーんて軽口をたたく。
f0065941_1062854.jpg

青空が顔を出し、天気を予感させるヒトコマもあり
f0065941_1082066.jpg

一瞬恵那山(奥)も見えました!
f0065941_1083856.jpg

多分・・大判山。○さん少々バテてます。
f0065941_1095712.jpg

ググーっと下ります
f0065941_1027332.jpg

晴れていたらもっと気持ち良さそうな縦走路
f0065941_1012272.jpg

登ったり降りたりの繰り返しです。
笹を伐採してできた登山道はトムラウシの短縮登山口を思い出します。
よく整備されているなと思ったら、
途中で4名の方が登山道の笹を伐採して整備していました。
こういう方々のご尽力により、わたしたちは気持ちよく登山をさせていただいているわけで感謝せずにはいられません。

さて、天気が良ければ気持ち良いであろう縦走路もここまで、
最後の頂上に向けて本格的な登りがはじまりました。
f0065941_10132957.jpg

ここの登りの途中で新潟の地震があったようです。
全く気がつきませんでした。

テン泊に向けて重い荷物を担いだ○さんはバテ
f0065941_1014043.jpg

途中休み休み登ることになる。
しかも無風でムシムシしていて不快指数「高」汗ダクです。
しかもブヨがブンブン顔の周りを飛び回るため
虫除けスプレーをかけまくります。
私はたまらず虫避けネットをかぶりました。

展望のない富士見台を通過し
f0065941_10221323.jpg

テクテクガマンして登ると、前宮ルートとの分岐に到着。
f0065941_1016552.jpg

ここからピークまでは途中神社がいくつかあるホボなだらかな道となりました。
ゴゼンタチバナが咲いてました。
f0065941_10214964.jpg

有人かと思うほど立派な非難小屋に到着。
f0065941_10165855.jpg

そしてキレイなトイレ!
雨水を利用した水洗と、水が無いときに利用する非水洗
頂上に行く前に利用させてもらいました☆
その間○さんバテバテ休憩中。

さらにほぼ平な道を10分弱進むと
11時11分山頂到着!
f0065941_101750100.jpg

先客は2名。ブヨにかこまれて休憩中。

木々に囲まれて展望なし
小雨が降りだしてしまったので
何も見えない展望台に登り、
f0065941_10181652.jpg

山頂滞在時間3分で、避難小屋に避難。

雨が強くなりました。セーフ。
中にはナベあり、毛布あり、ゴキジェットあり快適そうです。
f0065941_10184591.jpg

こんなときでもわすれずに。
ご褒美ポーズin避難小屋 プハーver
f0065941_10185477.jpg

その後しばらくすると雨具を着た2名の男性が逃げ込んできて合計4名
しばし会話を楽しみました。

その後誰もいらっしゃいませんでしたが、
みなさん休憩されなかったのでしょうか?

たっぷり1時間強の休憩。
雨もやんだようなので下山開始!もと来た道を戻ります。

○さんバテバテで足にきたらしく
しめった木の根っこに滑ったりして2~3度、転んでいました。

私は先週のハプニング乾徳山登山のおかげで足が鍛えられ先週より楽。
楽といいつつ、行きの記憶が飛んでおり
鳥越峠から先の登りメインのアップダウンに最後はバテバテ。
駐車場が見えたときは、小躍りするほどうれしかったです。

さて、下山後クアハウスで汗を流し中津川ICに向かう道で
自衛隊の車を多数みかけました。
中にはタンク車もあり、中身は「水」
「へぇ、水のタンク車なんてあるんだ。どこに行くんだろう」と暢気にいっておりました。
今思うと被災地に向かう車だったのでしょう。

そんなわたしたちが今回の地震を知ったのは
小淵沢に水汲みに寄り道をして
夕食のためにはいった「小作」でやっていたテレビでした。

明日はわが身ですが
山グッズって非常用にも役立つものが多いことに気がつきました。
家が壊れて持ち出せなければ何の役にもたたないのですが
日頃からすぐに使えるように準備しておこうと思います。

被災された方々の一日も早い復興を願っています。

ところで今回不覚にも・・・山バッチ買い忘れました。
有人の山小屋等なかったのですが
どこで購入できたのでしょう?ガックリ。

そして帰ってきてから知ったんですが、
恵那山は三角点のある山頂より
避難小屋の手前にあった神明社が標高が高いそうです(@@;
ラッキーなことに一応通過してて写真も撮ってました。
f0065941_10283870.jpg

深田百名山の中では恵那山の評判はナゼかイマイチ。
正直なところ、今回期待していなかったのですが、
神坂峠からの登山は天気が良ければ、展望がよく面白いと思います。
家から遠く、虫が多いのが難点ですが、
天気の良い涼しい日にリベンジしたいなぁと思います。

最後になりましたが、恵那山は「え~な~」

・・・お後がよろしいようで・・・

☆ 百名山制覇 ☆
7月16日(土)現在 45座
[PR]
by arizou0903 | 2007-07-18 06:50 | 山登り