スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

雨の男体山


この週末は、土曜日は用事があったため
用事が終わってから山へ向かう予定でした。

が・・・予定がコロコロとかわり
結局家に帰宅したのが21時

早朝起床するはずが・・・起きたら7時。
寝坊しましたが何か???
結局山には行かず、ぐうたら三昧でリフレッシュ♪♪しました。

9月30日にいった男体山のレポいきます!

-----------------------------------
f0065941_20231336.jpg

○さん土曜日は部下の結婚式に出席。
二次会のカンパイの挨拶を頼まれたということで
二次会までミッチリ参加。

ということで
私が早寝をして運転していくことになりました。

天気は北関東ほど良かったので、男体山に決定したのですが
時間を追うごとに悪くなってくる天気予報。

朝起きると、曇り後雨だったお天気予報は終日雨。

とりあえずいってみよう!

めずらしく○さん前向きな決断して5時過ぎに出発しました。




☆ 山行記録 ☆
-------------------
■男体山(なんたいさん)2486m 栃木県
■日 時 : 2007年9月30日(日)
■天 候 : 曇り後雨

■行動時間(4時間45分)
日光二荒山神社中宮(8:25) → 8合目(10:05/10:25) → 男体山(10:55/11:20) → 5合目(12:20/12:25) → 日光二荒山神社中宮(13:10)
登り:2時間10分 下り:1時間45分
---------------------


いつもは登山服で自宅を出発しますが
私、雨予報にスッカリ登る気力はなくなり普段着で出発しました。

館林あたりまで雨でしたが、
日光近辺まで来ると雨がやみました。
道路も濡れていなく降った形跡もありません。

7時過ぎに日光二荒山神社に到着しましたが、
男体山登山者用駐車場がわからなかったり
○さんのオナカ事情で、
途中2度トイレに引きこもったり、
着替えたりと時間がかかりました。

※ 男体山の登山者用の駐車場は
  神社の鳥居をくぐった右手。
  宝物館の裏に第一駐車場がありました。
f0065941_2024976.jpg

f0065941_20235514.jpg

登山口ではなく、登拝口
f0065941_2024262.jpg

御神体山なのです。
準備をして神社内に入ると
f0065941_20245776.jpg

入拝料一人500円を支払い登山名簿を(代表者のみ)記入します。
1年間有効のお守りがいただけます。
f0065941_2025166.jpg

6時~門が開くようなので、6時前はここからの入山は不可みたいです。
ご注意ください
f0065941_20244168.jpg

8時5分入山の説明をしていただき、いざ!!!

というところで・・・○さんまたトイレに篭る
3回目ですけど大丈夫???
○さん昨日結婚式でゴチソウを食べ過ぎたんでしょうか?

8時25分 ようやく出発
f0065941_20254819.jpg

うぅぅ階段です。
f0065941_2026591.jpg

1合目まで続きました。
f0065941_20262572.jpg

その後は樹林帯ホボ直登。
なかなか最初っからツライ道です。
f0065941_2026469.jpg

樹林帯を進んでいると、サラサラ~っという沢の音が聞こえてきた。
どこだろう?と思ったら

「雨」が降り出した音でした(;´Д`)ノ

それからは降ったりやんだりの繰り返し。
樹林帯なのでさほど濡れることなく、雨具を着ずにテクテク。

2合目には全く気付かず、3合目から工事用の車道を歩きます。
f0065941_20283218.jpg

f0065941_20285124.jpg

4合目の鳥居前に到着。
f0065941_2029774.jpg

某千葉県ナンバーの車が2台
この工事用の車道は一般車もはいれるのでしょうか??

ここから再び登山道です。
左手に中禅寺湖が見えました。
今回唯一の展望orz
f0065941_2030883.jpg

このまま雨が降り続けたら泥ドロとなりそうな道をテクテク。
f0065941_2031535.jpg

5合目の避難小屋を通過
f0065941_20314924.jpg

f0065941_20322567.jpg

岩場の道になってきました。
f0065941_20324623.jpg

6合目を過ぎ、○さん足を止め
「先にいって・・・」
体調悪いみたいですねぇ。
岩場が続きます
f0065941_20382812.jpg

休憩ポイントで足を止めてみるけれど、○さんは休もうとしません。
素通りです。大丈夫か?と思いつつ

8合目に到着。
f0065941_20332430.jpg

滝尾神社石碑
f0065941_2034874.jpg

こっこれが神社か?ちっちゃいです。
f0065941_2035517.jpg

下山者とすれ違うようになり、みんな雨具をつけている

○さんはザックカバーだけでいいというので
私だけ上のカッパを着る。

着終わって出発しようとしたら、○さんが
「オレもカッパ上だけ着ようかな」

で着終わった頃・・・
今度は私がカッパのズボンとスパッツもつけようと
ザックカバーをはずして・・・

と非常に効率の悪い着方をした上に

スパッツのジッパーに土がついていて閉まらなくて手惑い・・・・

結局出発するまでに20分かかりました○(´・ω・`) 。
岩場をよじ登り
f0065941_20373449.jpg

9合目を過ぎ、階段をよじ登ると
f0065941_20404213.jpg

視界がパァーっと開け
f0065941_20411092.jpg

ザレ場となりました。
f0065941_20465294.jpg

もう山頂は近そうです。

案の定、上から来たご夫婦にも「もう少しですよ!」と励まされました。

10:55 山頂到着
8合目で20分足止め食らった割にはまずますかな。
f0065941_2041569.jpg

二荒山大神
f0065941_2048129.jpg

参拝後三角点ゲット!
f0065941_20423611.jpg

しかし、冷たい雨が降っているので休憩が困ります。
屋根のある場所は沢山の人ですが、入れさせてもらいました。
椅子は先客のザック置き場になっていたので、ザックすらおろせません。
まぁ疲れてないからいいです。

食事をして、冷えてきたので、
11:20 下山開始 来た道を戻ります。

登るときは平気だった岩もすっかり雨に濡れて怖さ倍増。

ふと後ろを振り返ると○さんがいません。
ありゃ?別に早く降りているつもりないし。
と5合目で待ってみますがなかなか来ません。

やっとこさ来たと思ったら
足が進まないから先にいっててと・・・
寝不足なのかもしれませんね。

登りと同じ道ですし、迷うことはないでしょう。
先にテクテク下山します。
岩場を過ぎると樹林帯の道にはいると
今度は土の道が水を含み滑ります。
転んだらドロだらけ間違いなしですからドキドキ。

林道に出たときはホっとしましたが、また最後は樹林帯のツルツルドロ道。
転ばないようにソロソロと降りていたら、
○さん追いつきました。

13:10 無事下山。

下山後は湯元の温泉に立ち寄りました。
宿の名前は失念してしまったのですが、
湯元にはいって2件目の大きなホテル。

500円でタオル(フェイスタオル)付!
「中は混雑してますから、貴重品はロッカーに」
という受付の方の言葉にイヤな予感を感じながら

お風呂の扉をあけると
ズラーーーっと30組以上のスリッパが並んでいましたΣ( ̄ロ ̄lll)
宿泊客以外は私だけのようです。

不安になりながら中にはいりましたが、
人は内湯と外湯に分散されていたため
思ったより混雑を感じることはありませんでした。

湯元の泉質は「白濁」とした「硫黄泉」
実は硫黄泉はちょっと苦手なので、いつも最後に体を洗って出ます。
今回入浴中はあまり硫黄のにおいを感じなかったので
調子にのって最後に体を洗わず、お湯で流しただけなのですが、
帰りの道中、自分から発する硫黄臭に酔ってしまいました(゚∀゚)

それにしても、ここの宿泊施設
年齢層がとても高かったです。
お風呂の隣の部屋ではダンスパーティーが開かれていたり
ネットで調べても名前がでてこないこのホテル一体・・・

さて、お風呂の後は
宇都宮に移動して餃子を食べることにしました。
毎度の「みんみん」16時半という中途半端なじかんのせいか
並ぶことなくすんなり入店。
f0065941_20523564.jpg

行きも帰りも私が運転したので
ご褒美にビール飲ませてもらいました。
餃子とビールってゴールデンコンビですよねぇ。

----------------
☆ 9月30日(日) ☆
百名山制覇数 :59座

-----------------
[PR]
by arizou0903 | 2007-10-16 20:52 | 山登り