スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

朝日岳 1日目 その1

今週末
○さんは、半期に一度のお泊りゴルフ。

オレは一人で山さイクべ。
やっぱ紅葉だっぺ?
紅葉マップと人のレポを見つつ平標山か北八ヶ岳方面
と一人計画をたててたんだども

同行者が車を出せないから
○さんが車出すんだっつうんだ(´Д⊂グスン
「電車でいってくんちぇ?」
と言いいたいところですが、同乗者がいるからしかたねっぺ。

いいよいいよ。オレが電車で山行ぐべ。
電車で行ける範囲は紅葉はまだ・・・ガッカリ。
あーあ。あーあ。だれか紅葉のキレイな山に連れて行ってくんちぇ。
(フラガールみて、自己流いわき弁がマイブーム)

仕方ないから10月三連休の朝日連峰レポいきます。

西朝日に向かうときにみた紅葉
f0065941_22353692.jpg





10月の3連休
鹿島槍+五竜キレット越えにするか
朝日連峰+月山+蔵王にするか・・・
涸沢でノンビリキャンプか悩みましたが

朝日の紅葉がすばらしいというウワサを聞いた私の一存で
朝日連峰に決定!!
朝日は飯豊に続く憧れの縦走路、ノンビリ楽しみたいので1泊2日。

ルートを考えていると、以東岳の紅葉がすばらしいと
またネタを仕入れてしまい。
へんな欲望が湧いてきてしまいました。

金曜日帰宅してから準備開始(汗)
んもうバタバタ。
家を出発できたのが22時。
ガソリンを入れたり、食材を追加したり
いける所までいってPAで仮眠をとろうということになりました。

はて・・・月山ICから登山口までコンビニがあるのか不安になり

朝食とか買っておかない?といったところ・・・○さん

「コンビニぐらいあるっしょ」

とサラリと流されて23時前高速に乗りました。
ところが、○さんってば0時半過ぎに早々にダウン。
それから3時間月山PAまで私が運転したのでございます。

☆ 山行記録 ☆
-------------------------------------
■朝日岳(あさひだけ) 1370m 山形県
■日 時:2007年10月6日(土)~7日(日)
■天 候:晴れ

1日目:行動時間 約7時間55分(休憩含む)
日暮沢小屋(7:25) → ハナヌキ分岐(9:20/9:30) → 三沢清水(9:55/10:00) → 古寺山(10:15/10:30) → 小朝日岳(11:00/11:10) → 銀玉水(12:00/12:10) → 大朝日避難小屋(12:30/12:40) → 大朝日岳山頂(12:50/13:10) → 大朝日避難小屋(13:15/13:20) → 西朝日岳(14:30/14:35) → 竜門小屋(15:20)
歩行時間:約6時間25分

2日目:行動時間 約10時間5分(休憩含む)
竜門小屋(6:25) → 寒江山(7:15) → 狐穴小屋(7:50/7:55) → 以東岳(9:15/9:35) →狐穴小屋(10:45/11:10) → 寒江山(11:45) → 竜門小屋(12:30/13:30) → ユーフン山 → 清太岩山(14:30/14:35) → 手前の下り(16:15/16:25) → 日暮沢小屋(16:30)
歩行時間:約8時間5分
---------------------------------------


月山PAで1時間半程仮眠をとり5時過ぎ出発。
月山ICを下車しコンビニを探すがあーりーまーせーんー。
結局一つ手前西川ICまで戻りました。

だから・・・だから・・・いったのに(´Д⊂グスン

月山への最終コンビニ西川IC降りたところにあるサンクスです。

はてさて、そんなこんなでモタモタしたので
日暮沢小屋についたのが7時過ぎ。
f0065941_226194.jpg

おりしも3連休のこんな時間ということもあり
駐車場はホボ満車、道路脇にもズラーーーっと車。
f0065941_2255533.jpg

駐車の天才○さんのすばらしい駐車テクニックで
無事駐車場内に車を停めることができました。

この車の量・・・日帰りの方も多いようですが、
山小屋は混雑が予想されます。

朝日連峰は幕営は禁止。
ただ混んでいる時期は管理人の許可により可らしい。

テントを担いであがるか出発前に最後まで悩みましたが
やめちゃいました。

7:25 出発(山小屋のトイレは水洗でした)
最初は林道歩き。
良いウォーミングアップになりました。
f0065941_226535.jpg

20分程歩くと急登になりました
f0065941_228185.jpg

1ヶ月以上ぶりの15kg装備で息があがります。

うれしいことにキノコ盛りだくさんな訳でして・・・
キノコの写真をとりまくります
f0065941_2283637.jpg

写真をとるために立ったり座ったり
やっぱりザックが大きいと太ももがとてもシビれる。
○さんは私のことを待ちまくりです。すみません。

さらに斜度を増し急な斜面をひたすら直登
f0065941_2291456.jpg

睡眠時間1時間半のせいでしょうか
気分が悪くなり吐きそう。涙目。

というわけで、
カメラを○さんに託し先頭交代。
やっぱり狙う被写体はキノコ
f0065941_2292783.jpg

何度か立ったまま水分補給をしますが
なかなか座れる休憩スポットにたどりつきません。

6人組のパーティーを抜かしたきり人にも会いません。
車は沢山あったのにこちらから登る人は少ないんでしょうか?
いやっ・・出発が遅かったのか。
単に前の人に追いつかないペースなのか。

急登で前に人影を見つけたのですが、
その後引き離されたようでお会いすることもなく。
とても静かな山行を楽しみました。
一度展望が開け、
f0065941_2211355.jpg

なだらかな道を下ると、ようやく
9:20 古寺鉱泉登山口と合流しました。
f0065941_22115098.jpg

地図を出すと昭文社マップのコースタイム3時間半のところ1時間55分。
吐き気は寝不足じゃなくて、飛ばしすぎもあったみたいです。

座れそうな場所はありませんが、とりあえずザックを下ろし一休憩。
人も増えました。
ペースを落として登ることにしました。
f0065941_22134737.jpg

きのこドッサリ発見!!
f0065941_22123392.jpg

9時55分 三沢清水
f0065941_2214773.jpg

水量豊富です。

さっき休憩したばかりですが、またザックを下ろして
一口飲んで顔を洗い出発
f0065941_22172470.jpg

ペースを少し落としたので、気分が大分よくなりました。
でもペースを落として私の気分が良くなるのと反比例で
○さんがバテはじめました?
遅すぎでペースがあわないってことですか?

10時15分 古寺山到着
f0065941_22174746.jpg

どどーんと大朝日山がお出迎えしてくれました。
f0065941_2218154.jpg

穂高のようにドッチリしていてカッコイイですね。
晴れの予報だったのに、雲が多いですねぇ。ガッカリ。

○さんオナカが空いたというので、オニギリタイム。

私はご褒美ゼリータイム
f0065941_22182223.jpg

まだ冷たくいゼリーはとっても美味しくて
○さんにあげることなくペロリと完食したら悲しまれました。

15分程休憩して、先に進みます。
一度下ったあと、
f0065941_22194649.jpg

小朝日岳の分岐(小朝日は登らず、巻くこともできます)
f0065941_2339509.jpg

元気になったのでカメラを取り返しました。
11:00 小朝日岳
f0065941_22205237.jpg

朝日鉱泉から登ってくる方との合流地点でもあり
ピストンで山頂まで行って下山する方ともすれ違いはじめました。

少し休憩して下ります。
なかなかキツイ下りで手厳しいです。

その後はドドーンと朝日連峰の展望が見える気持ちよい稜線
f0065941_2226925.jpg

紅葉がキレイで前をみたり後ろを振り向いたり、ノンビリモード。
f0065941_2222339.jpg

12:00 銀玉水に到着
f0065941_2222482.jpg

朝日連峰で一番美味しいと評判のお水
確かに冷たくて美味しい~~~。
f0065941_22231665.jpg

しかしご覧のとおり、水が細く汲むのに時間がかかりました。
ここでお水を2リットル汲み出発。
苦手な階段ですが
f0065941_22235287.jpg

いつのまにか雲が取れ、後ろを振り返れば今まで歩いてきた道が
f0065941_2224463.jpg

ここから小屋まで、苦手な階段を含んだ登りですが
前は目指す大朝日がクッキリ見えてとても気持ち良い。

12:30 大朝日避難小屋に到着
f0065941_22295746.jpg

山バッチ売り切れ中・・・残念。
古寺鉱泉で残っているはずと言われます。
食料をサブザックにまとめ頂上へ向かいます。

身軽でスッタカターと
12:50 朝日連峰最高峰、大朝日岳到着♪
f0065941_22304222.jpg

とりあえずの、ご褒美☆サイコー!
(これからの季節は寒くなるので、ついたら即効のまないと体が冷えます)
f0065941_22312940.jpg

憧れの飯豊山方面は雲の中でした。

ゴハンを食べて下山開始。
f0065941_2232332.jpg

あの2つ山を越えた先が本日の終点。
まだまだ遠いのです。
スッタカタ~と大朝日避難小屋に降りてきて

13:20 荷物をまとめて出発します。
f0065941_223228100.jpg


つづく
[PR]
by arizou0903 | 2007-10-18 22:42 | 山登り