スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

朝日岳 2日目:その1

気合がはいりすぎてレポがなかなか進みませんでした。
待たせた割には、たいしたことありませんが
どうぞお付き合いくださいませ

1日目その1 ⇒ こちら
1日目その2 ⇒ こちら




-------------------------------------
■朝日岳(あさひだけ) 1370m 山形県
■日 時:2007年10月6日(土)~7日(日)
■天 候:晴れ

1日目:行動時間 約7時間55分(休憩含む)
日暮沢小屋(7:25) → ハナヌキ分岐(9:20/9:30) → 三沢清水(9:55/10:00) → 古寺山(10:15/10:30) → 小朝日岳(11:00/11:10) → 銀玉水(12:00/12:10) → 大朝日避難小屋(12:30/12:40) → 大朝日岳山頂(12:50/13:10) → 大朝日避難小屋(13:15/13:20) → 西朝日岳(14:30/14:35) → 竜門小屋(15:20)
歩行時間:約6時間25分

2日目:行動時間 約10時間5分(休憩含む)
竜門小屋(6:25) → 寒江山(7:15) → 狐穴小屋(7:50/7:55) → 以東岳(9:15/9:35) →狐穴小屋(10:45/11:10) → 寒江山(11:45) → 竜門小屋(12:30/13:30) → ユーフン山 → 清太岩山(14:30/14:35) → 手前の下り(16:15/16:25) → 日暮沢小屋(16:30)
歩行時間:約8時間5分
---------------------------------------

山の朝は早いですね。
2時過ぎからガサゴソ行動・出発する音が聞こえました。
私たちは5時に起床。
朝食はマルタイの棒らーめん+ワカメ

ズボラに避難小屋の中から朝日連峰での朝日を拝み
f0065941_20433022.jpg

6:25 サブザックにて出発
本日は以東岳方面に足を伸ばします。
f0065941_20302457.jpg

「以東岳からの紅葉がすばらしい」と聞いたのですが
往復で9時間はかかるので以東岳まではムリでしょう。
ならば少しでも近くに行きたい!

とりあえずの予定は狐穴避難小屋まで行くことにして
スタコラサッサ!と歩きます。
やっぱりザックが軽いと足に羽が生えたみたい。

タカネマツムシソウがまだ残っていました。
f0065941_20305739.jpg

左手には昨日は見えなかった憧れの飯豊山もクッキリ。
f0065941_20311235.jpg

右手には月山・蔵王。
f0065941_20435933.jpg

右手の奥には鳥海山。
f0065941_20313794.jpg

とっても良い展望で足取りはさらに軽く♪
何度も続くアップダウンもなんのそのスッタカタ~。

紅葉が最高です
f0065941_20331738.jpg

ルンルン気分で
f0065941_204861.jpg

7:15 寒江山に到着
f0065941_20335442.jpg

まだまだ遠い以東岳でしたが
※クリックすると拡大します
f0065941_2122245.jpg

北寒江山に到着するとググっと以東岳が目の前に!
※クリックすると拡大します
f0065941_2039432.jpg

見えるといきたくなるのがバカってものです。
バカな私はどうしてもいきたくなりました。
「以東までいきたいなぁ」と○さんに言ってみると
竜門小屋にもう一泊できるか考えてみようということに。

残っている食材を頭で確認。
ツマミ類とお菓子は沢山ある。
ピラフとアンドーナッツと雑煮とスープもある。
大食いの私たちには、充分とはいえないけれど何とかなりそう。

ということで以東岳へGOに決定です!!!

スッタカタッタッタ~と降りて狐穴避難小屋へ
f0065941_20342471.jpg

水場で水を汲んで先を急ぎます。
f0065941_20381424.jpg

アップダウンを繰り返し、どんどん大きくなる以東岳
f0065941_2124159.jpg

カッコイイですねぇ。
最後の登りはさすがにきつかったです
f0065941_20383779.jpg

9:15 以東岳到着
f0065941_21123312.jpg

大鳥池方面の展望
f0065941_20494325.jpg

そして後ろを振り返ると
昨日行った、大朝日岳がとても遠くに見えます
大朝日岳は古寺鉱泉方面から見ると、穂高のようにドッチリしていますが
以東岳方面から見ると、槍ヶ岳のようにスリムな▲なのですね。
f0065941_2057404.jpg

ご褒美でエネルギーチャージ!
f0065941_20575290.jpg

さて、元きた道をもどります。

つづく
[PR]
by arizou0903 | 2007-10-30 21:06 | 山登り