スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

雪の八海山

また水曜日から寒気がやってきそうですね~ヽ(´▽`)/

土曜日5時過ぎに出発♪
前日は、夫婦共通の友人の友人の就職祝いで帰宅が0時過ぎ。
私はビール2杯で打ち止め
9時前には飲むのを辞めてひたすらウーロン茶。
○さん遠慮なく最後まで飲みやがっていたので、私が運転です。
まぁ車でどこかへ行ったとき
90%は私だけ飲ませてもらうので、おあいこです☆
(おあいこか?)

練馬のICを5時59分に通過!早朝割引にギリギリセーフ。
前回は6時01分に通過のギリギリアウトだったこともあり、
超ドキドキしました。
練馬から100km県内はは高崎IC。高崎ICから六日町ICはなんと99.9km。
なんだかお得な気分です。
早朝割引+通勤割引を使ったパターンです。(カード差し替えはなしでOK)

途中、○さんと運転交代。
赤城の先で○さんに起こされる
目の前には真っ白な谷川岳がドドーン
f0065941_0511191.jpg

六日町ICから八海山ロープウェイに向かいました。
思ったよりカッコイイ山です。
f0065941_21241385.jpg

あ・・・雪が積もってる。
一応想定内。今回は軽アイゼン持参です。

さて前置きが長くてすみません・・・
本題です。




☆ 山行記録 ☆
-------------------------------
行動時間:4時間25分(休憩時間含む)
八海山ロープウェイ降り場(4合目)(9:25) → 展望台 → 女人堂(6合目)(10:20/10:30) → 千本檜小屋(9合目)(11:30/10:35) → 地蔵岳(巻き道)先(10:45) →千本檜小屋(11:50/12:10) → 漕池(13:05/13:10) → ロープウェイ乗り場(13:50)
-------------------------------

駐車場には2台のみ
ロープウェイは(毎時00、20、40)20分毎発です。
往復1800円もしますが、
なをさんから往復優待券をいただいていたのでタダでしたヽ(´▽`)/
9時にギリギリ乗り損ね、
9時20分のロープェイに乗車しました。
f0065941_21243733.jpg

登山の様相の方が4名乗りました。
おっ雪ですよ♪
f0065941_21262157.jpg

9時半登山開始
f0065941_21263515.jpg

5分ぐらい登ると360度展望台
f0065941_21264723.jpg

前の3人組は展望台へ向かいましたが私たちはスルー。

早々の雪道になりましたが、急なところもなくアイゼンなしでテクテク。
f0065941_2127515.jpg

キンと冷えた空気と澄んだ青空
夏にはない透明感のある感じがとってもいいです。

一箇所2つに分かれた道がありますが
右がルートです。(ピンクのテープが目印)
f0065941_21272349.jpg


雪はそれほどでもないのですが、ところどころは氷で岩がツルツル。
慎重に足を運びます。
f0065941_2132204.jpg

霜柱が大きい。大きすぎて曲がっています。
f0065941_21324422.jpg

モリアオガエルが住む漕池(池まではいきませんでした)
この看板首チョンパ・・・。
f0065941_2133214.jpg

さて、なだらかなアップダンを繰り返しましたが
だんだんと急になってきました。
f0065941_21344934.jpg

雪もみるみる増えて来ます。
ハシゴもあり
f0065941_2135985.jpg

女人小屋(6合目)に到着しました。
f0065941_21361886.jpg

ここで軽アイゼンをつけます。(○さんは4本、私は6本)
つけた安心感か?楽になりました。

沢があり
f0065941_21412838.jpg

看板がありました。なになに?
f0065941_21415130.jpg

これより浅草登りあなたを「スリム」にしますガンバッテ・・・
ですと!そりゃガンバリますとも。
・・・でも首チョンパのたぬきっていうのが気になります。

看板どおり急な登りを登り続け、
f0065941_21411288.jpg

ついに長い長い急斜面登場しました。
怖いなと思いながら手をユキに刺しながら登っていると

○さん雪の下から、長いクサリ発見!!!
f0065941_21421996.jpg

私軍手で登っておりましたが、
湿気た雪についに軍手がずぶぬれビタビタになり
クサリの冷たさで軍手にくっついてしまいます。
ひえぇぇぇ、雪山に軍手はダメですね。
フリースの手袋に替えました。

鎖場を過ぎると、ナダラカになり
f0065941_21425074.jpg

薬師岳
f0065941_21442944.jpg

そして、
行く先に越後三山(八海山・中ノ岳・越後駒ケ岳(百名山))がババーン
よだれが出そうな展望にしばしウットリ。
(クリックで拡大します)
f0065941_21452948.jpg

イチバン右の尖った山が八海山の八ヶ峰(地蔵岳)です。

小屋付近に人がいるのが見えました。
こちら側を見ていたので、私たちの姿も向こうからは確認したようで
彼らも八ヶ峰方面に向かって進んで行きました。

9合目千本檜小屋に到着
f0065941_21465267.jpg

先発隊はザックを置いていったようです。
f0065941_2147848.jpg

この先、八ツ峰ルートと、巻き道ルートがあります。
f0065941_21474017.jpg

峰越えるルートは夏場でも上級者向きのようで
雪山初心者の私たち、この時期に登るのは無謀でしょう。
迂回ルートは一般向けと書いてあります。
迂回ルートで山頂に向かうことにしました。
f0065941_21485019.jpg

・・・あれ!ノッケからトラバースですか?( ̄Д ̄;;
f0065941_21483313.jpg

平じゃないんですか?
ここも斜め
f0065941_21491192.jpg

先をみても斜めです。

簡易アイゼンでこの斜めコースの雪道を往復歩く自信はありません。
地蔵岳を過ぎた時点で引き返すことにしました。
頂上にはいけませんでしたが、満足です。
小屋に戻ってきて中を覗いてみました。
f0065941_21523947.jpg

その後は、地蔵岳をバックにご褒美ちゃん。
f0065941_21501234.jpg

風が冷たいもののお天気良くて最高です。

飲み終わった頃同じロープウェイに乗っていた3人組の方々が、小屋に到着。
「先はどうですか?」といわれたので
「ずっとトラバースの雪道みたいです。
私たちにはムリなので引き返しました」と言うと

「そうですよねー」とブツブツいいながら
小屋の中に入っていきました。
足元を見るとアイゼンをつけているように見えません。
アイゼンなしでここまできたのか。スゴイなぁ。
まぁ4本爪の○さんも似たようなものかもしれません。

ロープウェイに戻ろうとしたところ、先発隊が戻ってきました。
2ツ峰まで行ったけど、
その先は滑ってムリだったので戻ってきたそうです。

下山開始。
心配していた鎖場も、かかとから一歩ずつ慎重に降りれば問題なし。
○さんは4本爪なので私よりも慎重に降りてました。
f0065941_2152065.jpg

ダンダン慣れてくると、大胆になり
ズルーっと滑って大また開きになったりしましたけど
無事に急斜面を降り女人小屋に降りてきました。
1組休憩していました。

女人小屋の先はだんだん雪がシャーベット状なところが増え
土が見え始めたのでアイゼンを脱ぎました。
f0065941_21541564.jpg

シャーベット状の雪って滑りますね。
f0065941_21543117.jpg

ビタビタドロドロの道に苦戦しながら歩いていると
f0065941_23395926.jpg

ロープェイから「50分発の臨時便の改札をします」の声が聞こえました。
最後は小走りでロープウェイ乗り場に到着
f0065941_2155314.jpg

ロープウェイから大勢降りてきました。なんだ?なんだ???
降りてくる人を掻き分けながら
ギリギリ13時50分発のロープェイに乗り無事下山。
下の乗り場もエライ人だかりでした。
f0065941_21552291.jpg

八海山のロープウェイがこんなに人気があるものとは知りませんでした。
f0065941_2156211.jpg

下山後、外で座ってオニギリをほうばり
近くにあった「さくり温泉健康館」へ。
f0065941_21561623.jpg

露天風呂こそありませんが、370円と格安。
3500円で素泊まりもできるようです。
生ビールも400円!!と魅力的なお値段でしたがガマン。
湯沢に向かいました。

お風呂の後にみた、夕日にあたった八海山キレイだったにゃー。
f0065941_21564699.jpg

あっちなみに、スリムになる急な登りを登ったのに太ってましたorz
けっタヌキにだまされました。

夕飯は ⇒ こちら
[PR]
by arizou0903 | 2007-11-20 22:04 | 山登り