スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー

天城山

さて、今年ものこりあとわずか
年内にアップするお約束でしたので年賀状を印刷しつつUPします。

前日の毛無山は → こちら





☆ 山行記録 ☆
--------------------
天城山(あまぎやま)1406m  静岡県
日 時:2007年11月24日(土)
天 候:晴れ
行動時間:約3時間5分(休憩含む)
天城高原ゴルフ場(9:45) → 万二郎岳(10:25/10:30) → 万三郎岳(11:20/11:40) → 天城高原ゴルフ場(12:50)
--------------------


バスと電車も利用して
天城高原ゴルフ場から天城峠まで
天城山脈を縦走しようと思っていましたが、寝起きが悪い人がいたので諦めました。

それならノンビリでいいやとフテ寝(笑)
結局、7時過ぎに起きて8時頃移動開始。
道の駅「天城越え」から登山口である天城高原ゴルフ場まで40km(@@)

結局駐車場に到着したのが9時25分でした。
駐車場はホボ満車でビックリしました。
f0065941_2226341.jpg

トイレもこのとおり立派です
f0065941_22262064.jpg

出発しようとしたら時計を忘れたりして
9時45分出発
f0065941_22213815.jpg

よく整備されている道です。

ひとり一石ボッカ運動実施中
f0065941_22232071.jpg

登山道の整備に使用するとのことで
協力しようと思ったのですが
持って行く石がわかりませんでした・・・。

最初はホボ平坦な道
f0065941_22241557.jpg

よく整備された登山道です。
看板もキッチリ
f0065941_22251880.jpg

その後階段を登ること30分・・・
f0065941_22243939.jpg

万二郎岳到着
f0065941_22264786.jpg

コースタイム1時間30分のところ30分??なんかありえない。
デジカメでコースタイムを記録しているんですけど・・・うーん摩訶不思議です。

ピークは木々に囲まれてほぼ展望もありませんし、
歩き出して30分しか経ってないので
水分だけ補給して出発!
f0065941_22275183.jpg

降りはじめてすぐに、ツアーの団体さんが登ってまいりました。
私たちとは逆のルートをたどっているようです。

ガイドさんが「ここが富士山が見える最終ポイントです」とおっしゃるので
観てみると・・・・
おぉー、富士山
f0065941_2227914.jpg

西側は西日があたるので雪が少ないですねー。

さて万二郎岳から万三郎岳へ!
f0065941_22273451.jpg

写真を撮った時は、前に見えるのが万三郎か!
と思いこんでおりましたが違いました。
(写真奥が万三郎岳のようです)

最初のアップダウンを乗り越えるとホボ平坦な道となり
「アセビのトンネル」登場
f0065941_22291754.jpg

看板によると
f0065941_22302317.jpg

馬酔木とかいてアセビだそうです。
あれ?アシビと違うの??いやっ別名だろうか。

その後、石楠花(はなだて)という場所に出てきました。
f0065941_22303980.jpg

万二郎岳と万三郎岳のほぼ中間地点。
石楠花の季節はさぞやキレイなことでしょう。
まだ山で石楠花に出会ったことありません。来年以降のお楽しみです。

展望もなくヒマですし、最初のありえないタイムは、
やはりオーバーペースのようでして、疲れてきました。
疲れを紛らわそうと
残り36座となった百名山を二人で言いながら歩いていると

奥にブナの巨木があるという看板を発見。
f0065941_22313710.jpg

もちろん行っておきました。
これぐらいの巨木でした。
f0065941_2232049.jpg

さて、35座まで言い終えて
二人してピタリととまってしまった。

北アルプスで何か一つ忘れている。
しばらく歩いてポッコリ思い出しました。

「鷲羽岳(わしばだけ)!!!」

すっきりしたところで
11時20分 天城山最高峰の万三郎岳到着
f0065941_22325148.jpg

展望はありませんが、広さはそこそこあり
結構な人でにぎわっていました。
ここで○さんはオニギリタイム。
私はおなかがあまり空かないので、キットカット。
&ご褒美(笑)
f0065941_22331235.jpg

さて下山開始。
海が見えるところがありました。
f0065941_22333963.jpg

あとは階段をスッタカタッタッターと降り、
f0065941_22345219.jpg

トラバース気味の道を歩きます。
一箇所足元ががけ崩れのため
足元注意の危険看板がありましたが、
山に慣れている方でしたら、危ないという程ではありません。

駐車場に戻ってきました。
f0065941_22351318.jpg

行きにも多かったですが、更に増えた車たち。
トイレには靴洗い場があります。ステキです。

さて、早く降りてきたのにはイロイロ訳があったのです。
本当はお昼に下田で煮魚食べて、夜に富士宮でやきそば!
と計画したわけですが、天城山から下田まで1時間半はかかります。

下田はまた来れるからと、キンメの煮付けは諦めることになりました。

さて、お風呂に入ろう!と日帰り温泉の地図を見ながら
第一候補は熱川の高磯の湯に決定!
いざ到着すると・・・まさに露天風呂のみの温泉っぽいので却下。

湯ヶ島温泉のテルメいずみ園(700円)で汗を流しました。

さて、ここからが三連休の本髄を味わうことになりまして。
沼津ICに行くまで渋滞渋滞また渋滞。
ガマンの限界でナビさんで抜け道に抜けても、すれ違いができずに渋滞。
結局沼津ICまで2時間ぐらいかかりました。

で、行く先はバカの一つ覚えお気に入りとなった「むめさん」ですっ。

19時過ぎにお店に到着すると・・・あれ?お店の中は明かりがついているが
外のあかりは消えており、暖簾も仕舞われている。
一応中をのぞいてみると、おばちゃんが
「今日そばがなくなっちゃったの。ゴメンネ」

ガーーーン
昨日から本当についてない。

第二希望として調べていったお店は「きふね亭」
○さん「もうやっていない気がする・・・」
ポジティブ派の○さんがめずらしく弱気です(笑)
ネガティブ派の私が「大丈夫だよっ!」とか勇気付ける。
いつもの逆ですわ。

結局お店はやってまして。無事やきそば食べれました♪
f0065941_22373073.jpg

ミックスとモツヤキソバ共に大盛りをペロリ完食
f0065941_2238587.jpg

味はむめさんのほうが好みでしたが
満腹満足で21時に東名に乗り込むと
「秦野中井→横浜町田渋滞20km 通過80分」表示

そそくさとPAにはいり、寝床を作って横になって仮眠しました。
明日も休みってすんばらしぃ。
よく寝たなーと思って時計を見ると「0時過ぎ」
3時間グッスリ寝ましたわ。

もう渋滞は解消したでしょう、と走り出すもまだ10km表示!!
結局秦野中井に着くまでに渋滞は解消したようです。
(えぇ、「らしい」とは私の記憶がなかっただけです)

今年最後の百名山レポ。これにて終了です♪
[PR]
by arizou0903 | 2007-12-26 22:39 | 山登り