スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2月9日~11日3連休 菅平スキーその3 根子岳初山スキー


1日目は → こちら
2日目は → こちら

f0065941_2216837.jpg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2日間待った甲斐がありました!!
待望の晴天です。

スノーシューをレンタルして奥ダボススキー場駐車場へ。
イチバン上の駐車場にギリギリ停めることができました。
この下にも駐車場ありです。

ひさびさの・・・



☆ 山行記録 ☆
-------------------
根子岳
2007年2月11日(月)
天候:雪
奥ダボストリプルリフト降り場(9:45) → 休憩(10:40/10:50) → 頂上(11:55/12:10) → リフト降り場(12:35)
(登り:2時間10分(休憩込) 下り:25分
------------------


1回券400円を購入して
f0065941_22162766.jpg

ゲレンデトップまでフード付トリプルリフトに乗車♪

荷物が大きい方は、フード降りてくるとき頭上注意です。
○さんはコンロやら食料のフル装備。
結構大き目のザックだったため頭上に当たること必須。
天気もいいことですし
同乗者の方には申し訳ないけれど
「すみません荷物が大きいのでフード下ろすの押さえます」と
手で押さえてフードが降りてくるのを阻止しました。

しかし、この言葉が聞こえなかったのか
同乗者のおじいさま「このリフト、フードが降りん。壊れてる!!」
とブツブツといってるなと思った直後
突然フードを無言で下ろし、○さんの頭直撃(w

しかも○さん
「なんで何も言わないで下ろすんだ!!」と私に向かって怒る。
Σ(゚Д゚;エーッ!あっあっしじゃないんすけど・・・

頭はヘルメットをしてたから問題なしです。
でもヘルメットの上にあった大事なゴーグルに
傷がついていないか気にする○さんなのでした。

さて、根子岳はヘリスキーで有名ですが
今年はヘリスキーの営業をしていません。
※昨年あった水晶岳でのヘリ墜落事故。
 亡くなったパイロットの方=ヘリスキーのパイロットだったとか・・・。
 運転再開の目処はたっていないそうです。
 
ヘリスキーがあったころはリフト降り場から
頂上直下までご丁寧に圧雪していたそうですが、
今年はヘリスキー営業がないおかげで、最初から非圧雪です。

想像以上の方々がハイクアップされています。
2日間みんなガマンしていたのでしょうね。
目の前でこんな大勢の団体様が歩き出しました。
f0065941_22175832.jpg

スキーーブーツは一昨年まで使っていた、
SALOMON SX。(S-LABブーツで登るのは多分脚がムリと思われ・・・)
久しぶりに履いたSX
おぉー楽チンなブーツですね♪
足首も甲もブカブカぶっかぶか。
でもナゼか脹脛はキッツキツ。
脚太くなっているのかしら・・・。

そして、スノーシューをモタモタくっつけた後
逆なことに気付き、またモタモタつけかえ(笑
モタモタと板をザックにつけてやっとこさ出発。
f0065941_22181187.jpg

ガニマタ歩きのわたし
f0065941_22184862.jpg

抜き足、差し足・・・どろぼうかっ!
f0065941_22182686.jpg

歩き方がギコチナイのはご愛嬌。

ホボ平坦な道を15分程歩きました。
目の前にいた団体様が休憩しているあいだに
横をスルー。

軽い登りになりました。

夏場だと楽々登れるところも、雪は手ごわいですね。
一歩一歩踏みしめるように登ります。
しばらく歩いていると、頭が痛くなってきた。
フルフェイスマスクをつけていたのが原因だったようで
取るとすごく楽になりました。

楽になるものの久しぶりの登山。
ゼーゼーハーハー一生懸命登っているのに
スキーにシールをつけて歩行している方々に、ゴイゴイ抜かれます(笑
○さんも久々の登りにバテバテ
この世の終わりのような顔をしています。

スキーのシールって結構急なところもなんのそのなんですねー。
f0065941_2236021.jpg

しかもヒールの部分が跳ね上がり、
坂が急なときはかかとが下がらないようになっていて結構楽そう。
欲しいなぁ。シール&ビンディング。

それにしても本当に穏やかでいい天気。
f0065941_22205214.jpg

後ろを振り向くと、北アルプス丸見え。
中央アルプスも八ヶ岳も、御岳も乗鞍もまるみえ。
疲れて最高の景色に、何度も立ち止まって振り返ります。
f0065941_22203919.jpg

ホームゲレンデのツバクロから羨望のまなざしで根子岳を
みつめていたのですが、今日は逆にツバクロを見つめている。
感慨深いです。
右側ががツバクロゲレンデ
仲間がポール練習しているはずです。
f0065941_22211515.jpg


目の前にスキーブーツで登っている人がいたのですが
途中から踏み抜いて埋もれている姿を度々目にしました。
私の重さでもしずまないスノーシューってスゴイですね。
踏み抜いた跡(こういう穴がいくつもありました)
f0065941_22223936.jpg

途中10分程休憩して水分補給。
北アの絶景を眺め、出発。
さて、いくか。
f0065941_22232795.jpg

プチモンスター
f0065941_22244176.jpg

途中樹林帯にはいります。
f0065941_22241237.jpg

最後はちょっと急デス。
死にそうな顔の○さん
f0065941_2225223.jpg

根子岳山頂に到着!
f0065941_22253630.jpg

山頂は今までの穏やかな天候とはうってかわって
冷たい強い風、汗ばんだ体はあっという間に冷え切りました。
指もインナー手袋のみではかじかんでしまい
スノーシューがうまく脱げませんでした。
記念撮影
f0065941_22262019.jpg

おなかペコリンコだったので
山頂で暖かい食べ物をと思っていたのに寒さでそんな余裕なく
スキーを履いてとっとと下山開始!!

パフパフを期待していたのですが
表面がクラストして硬く、
ひさしぶりに履いたブーツはカカトがブカブカでうまく板が踏めません。

オマケに久しぶりのヤマノボリで太ももがパンパン。
初心者のようにボーゲンで降りてきたのはナイショです(笑

それでもたのしい♪オッパッピー♪(もう古い)
f0065941_22263867.jpg

少しでも滑っていたいと山の斜面を右往左往しながら滑って25分
あっという間に下に戻ってきました。
ただいまー
f0065941_2227083.jpg

後に見える山にいってきたのだー。
f0065941_22272464.jpg

オナカペコペコ、ガッツリたべるぞー!
向かった先は白樺荘!
カツカレー
f0065941_22274237.jpg

名物カツサンド
f0065941_22275859.jpg

分厚いですよ。
f0065941_22281771.jpg

おっと忘れちゃいけません。
これこれ!!
f0065941_22282997.jpg

この世の終わりのような顔をしていた○さんは
シャリバテだったようで
モリモリ食べてゲンキ復活。

本当はお昼の後で
ゴルフ場あたりでスノーシューを楽しもうと思ったのですが
情けないことに久々のヤマノボリでもう脚がギブアップしてます。

そそくさと宿に戻り、冷え切った体をノンビリお風呂で温めて、
ガンガン暖房をきかせたお部屋で昼寝して、
再びお風呂にはいって
ポール練習しているみなさんのお帰りを待っていたのでございました。

夕食はいつもの軽井沢の「わかどり」で。
20時過ぎても、いまだ吉井→嵐山小川渋滞35km エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

吉井ICで降りてシタミチ街道まっしぐら。
東北道に逃げて川口で一名同乗者をおろし
12時ちょっと前に自宅に帰宅しました。

この3日間で
レース・基礎・山スキーといろいろやって思ったこと。
どれもこれも個性があり奥深くむずかしい。
でもどれもとっても楽しい!
やっぱりスキーダイスキーなのです(*´∀`*)

<山スキーの教訓>
スキーウェアは重い・・・
[PR]
by arizou0903 | 2008-02-15 22:36 | スキー