「ほっ」と。キャンペーン

スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

SKIコブキャンプ ~野沢温泉スキー場~


元気ですかー!!

ご無沙汰しておりましてすみません。
PCに向かう時間がなくて放置してしまいました。
コメントのお返事も遅くなり申し訳ございません、やっと書きました。

さて2週間前の野沢のコブキャンプレポいきたいと思います。




今回4回目の参加の師匠コブキャンプ

前回レポ  → こちら
前々回レポ → こちら

年々参加者が増え、定員20名のところ
今回30名を越えたそうで
急遽2週に分けてのコブキャンプになりました。
私たちは当初の予定ではなく
翌週にずらしたのですが、参加者は7名のみ
うち仲間が5名、残りの2名も一緒にレッスンしたことある方

前の週は28名の参加者で
14名1班だったといいますから、
ラッキーというべきかアンラッキーというべきか

コブを滑りまくるこの2日間は非常に体力をつかい
2日目の午後には毎回ヨロヨロヨロレイヒー、
体力が持ちません。

今回7名という少人数で最後まで体力が持つのかが心配です。

エェ、今回は真剣だったので、写真少な目です。

------------
2008年4月19日(土)
天候:曇りのち霧雨
滑走日数:39日
-----------


8時40分運行開始の長坂ゴンドラに乗り込み
9時過ぎレッスン開始!

まずまずのお天気
春はケアをバッチリしないとね☆
(ケアというか隠してるだけェ。でも隠すに限ります)
f0065941_8195644.jpg

午前中内容は、
・ストックワーク
1.ストックは前ではなくしっかり体の「横」につく
2.ストックをながーくつき板を送り出す
f0065941_821471.jpg

・内脚ターンで体の倒しこみ(内傾の練習)
朝からザブザブの重い雪質の中、
内脚だけで回しこもうとする意識が大きく、外腰が廻る廻る

うぅぅぅ、毎回言われることが一緒、成長してないんだなー。凹みます。

・バンクコブの作成・滑り方

ゲレンデ隅でバンクを内脚ターンで作っていきます。
f0065941_8213149.jpg

師匠が華麗な内脚ターンで滑っていく中
両足ターンでついていくのが精一杯。

12時まで3時間ミッチリレッスンしました。

午後は移動して、リフト下の天然コブへ
ガスガスです。
f0065941_8214257.jpg

コブの中で、なかなか内傾・外向がとれない私たちに
師匠が「ちょっと試していい?」と試した練習方法。

その名も・・・「イヤーンemoticon-0152-heart.gif(勝手に命名)
コブの頭にお尻を当てるような感じで転びます。
女の子座りみたいな感じ。

簡単なようで外向がとれてなかったり、
タイミングが遅いと横に発射します。
上手に外向が取れると連続コケが可能です。

腰をクネクネしながら転ぶ「イヤーン」な姿は、爆笑モノ!!
(写真前シロガネ王子、後ろ○さん)
f0065941_822549.jpg

写真をみても分かるように内傾と外向がうまい具合に出せます♪
恐くないし、とても良い練習方法。
でも転ぶって結構体力いりますね。
最後はヘトヘトになりました。
みなさんが、みるみる上達していく様子をみながら
師匠「いい練習方法、みつけちゃった~~emoticon-0152-heart.gifとご満悦(笑

ただ・・・この練習には欠点があります。
「見られるのが、恥ずかしい」コブに向かってイヤーンイヤーンと転ぶのは
結構勇気が必要です。

リフト直下のバーンでしたが
恥ずかしがらずに練習ができたのは
ガスのおかげかと(笑

そのガスは午後中晴れることなく
途中から霧雨となる悪天候の中
15時過ぎまでミッチリレッスン・・・疲れました。

夜のミーティングもアットホームそのもの
人数が少ないので一人一人丁寧にコメントくれました。

それにしても、あたしも○さんも
相変わらずガニマタでスタンスが広い!
技術選のビデオ見ましたが、みなさんピタっと脚を閉じている。
よーし明日は膝をくっつけて滑るぞぉ!!
と心に誓うのでございました。

------------
2008年4月20日(日)
天候:曇りのち晴れ
滑走日数:40日
-----------


もれなく筋肉痛でケダルイ朝を迎えました。

N家奥様なんぞは、ストックのつきすぎと
転んだ体を持ち上げるのに腕力を使いすぎたのでしょう

朝食で皿を持つ手がプルプル震えていました。

9時レッスン開始!!

きれいなバーンで大回りの内脚ターンから。
外腰を回さないように、意識し
内脚をたたんで外脚をそっと下ろす・・・おっデキタっ!!!
師匠からも「やればできるじゃなーい」
うれしい瞬間です。

徐々に内脚ターンのターン弧を小さくしていき、
リフト下にバンクをつくっていきます。

今日ののんすけは一味違った
膝をピタっとくっつける!を意識。
すると、内のターンにはいりやすくなりました。
やればできるじゃん!なんて思っていた。

○さんに「昨日よりはいいけど、たまに膝割れてるよ」と言われたけど

「あんなに意識してるのに、そんなはずはない!!」と言い張っていた。

のに・・・のに・・・

お昼ムービーを見たら、○さんの言うとおり
膝がパカパカ開いている
パカパカ(´・ω・`)ショボーン
あぁぁぁぁ、
ビデオはなんて正直なのでしょう。

午後は更に深くなった天然コブ
f0065941_8263954.jpg

そして、天気は回復傾向!!
f0065941_8265465.jpg

疲れがでてききた午後
増えてきました・・・コケが。
N家ダンナ様は顔ダイブを2回、ウェアを破いていました。
先日ののび太さんに比べればかわいいものです。

Tちゃんもダイブ。
ウェアがめくれあがり、擦り傷になっていました。

私も最後のビデオ撮りで
板のトップをコブにグッサリつきさして
前にダイビングゥ~!
膝に青タンできました(´・ω・`)ショボーン

師匠の熱心なレッスンは毎回本当に役にたちます。
手取り足取り、膝の向きを教わるTちゃん
f0065941_8283646.jpg

まだまだ毎回ダメダシが出るコブですが
師匠にもテク受験の時より良くなったっていってもらえたのはウレシイ。
今回のキャンプで、少し成長できたでしょうか。
やっぱり教わるのっていいですねー。

コブ「オモロぉーー!!」
(世界のナベアツ風)

※ビデオも沢山撮ってもらいました。
 画像が手に入ったら、UPしたいと思います。
 ・・・でも・・・技術的にできるかどうかは不明デス
[PR]
by arizou0903 | 2008-04-29 08:37 | スキー