スキー・ドライブ・山登り・たべること・寝ること・ビールがだいすき♪


by arizou0903
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

08年 GW四国旅行 1日目 【観光編】

スキーにいくか、四国の百名山に行くか・・・
迷った挙句ギリギリに四国に遠征に決定。

5月2日をお休みしたワタクシは
1日から6連休でしたが
○さんは1日も2日も会社。

2日近所の本屋さんに5件回ったのに
剣・石鎚山の登山地図はゲットできませんでした。フゥ(´・ω・`)

GWの渋滞を避けるため
○さんの帰宅を待って2日夜20時出発。

しかしながら既に
東名に向かう首都高が渋滞しており、横浜経由に急遽変更。
その後も車量が多く、事故渋滞・自然渋滞が2箇所程ありましたが
ホボ順調に瀬戸大橋に朝5時過ぎに到着しました。
f0065941_23225273.jpg

車で渡るのは初めてですっ☆
f0065941_2323864.jpg




懐かしい讃岐富士。
この山を見ると、四国に来たなーと思う風景です。
f0065941_23242886.jpg

さて、本日のプランは午前からお昼にかけて
さぬきうどん行脚。
f0065941_23272244.jpg


詳しくは → こちら
 
さて、さぬきうどんツアーの合間に

四国霊場第七十五番札所
総本山善通寺へ
今回の旅の安全祈願をしました。
f0065941_23281363.jpg

ここへ来るのは2回目です。
両親が四国出身のためか「お大師さん」(弘法大師)は
幼少の頃から身近な存在。
いつかお遍路さん(巡礼参り)をしてみたいなと思っています。

さぬきうどんツアーを終了し、向かった先は

坊ちゃんの舞台として有名な「道後温泉本館」
f0065941_23282721.jpg

「千と千尋の神隠し」の油屋のようなレトロでステキな建物
f0065941_23284054.jpg

おりしもGW真っ只中でご覧のとおり大変な賑わいでした。
f0065941_23285864.jpg

道後温泉本館には神の湯、霊の湯の二つの浴槽があり
料金システムは独特

・「神の湯階下」・・・神の湯での入浴のみ400円(石鹸なし)

休憩室を利用すると浴衣・お茶・お菓子のサービスがついてきます
・「神の湯2階」・・・・神の湯での入浴と2階の大部屋休憩室利用  800円
・「霊の湯2階」・・・・霊の湯での入浴と2階の大部屋休憩室利用  1200円
・「霊の湯3階個室」・・霊の湯での入浴と3階の個室利用1500円

神の湯の入浴のみなら、入場制限ナシにはいれましたが
私たちは30分程待って、霊の湯2階1200円を利用しました。

洗い場が10個程の小さい浴室でしたが、
石鹸・シャワーがついており
入場制限されているせいか
洗い場で待つこともなくノンビリはいれました。

「坊っちゃん」を読んだ記憶なのか
カンカンに熱いお湯だと思い込んでいたのですが
予想外にぬるめ。
臭いは無臭、泉質はなめらかなやさしい温泉でした。

入浴後は、浴衣を着てお茶とお菓子をもらい
f0065941_23291540.jpg

休憩室でノンビリ休憩。
f0065941_23293226.jpg

ビールといきたいところですが、まだ移動しますから
なつかしのフルーツ牛乳でガマン。
f0065941_23294578.jpg

○さんはコーヒー牛乳。

心地よい風が吹き抜けます。
気持ち良さそうにお昼寝している人も。
f0065941_23301633.jpg

最後に日本で唯一の皇室専用浴室「又新殿」
(写真撮影不可につき写真なし)
ぼっちゃんの間を見学しました
f0065941_23303256.jpg

f0065941_23312518.jpg

ちなみに、見学は霊の湯の入浴の方は無料、見学のみ250円

帰り間際、神の湯の中を覗くとまさにイモ洗い状態(@@;
料金は高かったですが、
今回は霊の湯に入って良かったです。

その後スーパーで食材を購入
翌日の石鎚山登山のために、本屋で登山地図もゲット、
道の駅小松オアシスへ移動しました。

正味2時間弱の睡眠時間でヘトヘトの私は
21時前にバタンキューデシタ。

つづく
[PR]
by arizou0903 | 2008-05-09 23:32 | 旅行記